検索
  • poopee705hin

“自分すごいでしょ!”アピールは何のサイン?

まず年齢によって目的が違うということを発達心理学の上で区別する必要があります。

3歳児から小学校低学年くらいまでは、“見て、見て!!すごいでしょ!”は、自分への親の関心や愛情を確認する意味があり、ある意味健全であると言えます。

この時期に十分な注目を得られなかった人や、親の関心を得られるどころかダメ出しばかり受けていた人は、いくつになっても承認欲求を求め続けてしまう傾向があります。挙句の果てにはあまりにも“ほめて!ほめて!オーラ”が強いと周りから煙たがられたり、距離を置かれたりします。私自身も時々“すごいでしょ!”ってやってしまっているかも💦SNSは、かなり危ないツールですね(-_-;)

アドラー心理学が特効薬になるかもしれませんよ。




49回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

輪廻転生を、ふと思う

長女が小学校高学年になったころに何気なく思ったのです。その頃、子育てに右往左往し 何とか日々頑張っていたのですが、娘の様子を見ていて、どう見ても私より落ち着いていて物事に寛容、目的に向かってコツコツ頑張る。それに引き換え私は、慌て者で気が短い、 小さい子どもの扱いが下手、飽きっぽい。親と子の“ちぐはぐさ”が説明できない!と。 そして私に降りてきた言葉が“輪廻転生”。魂年齢私の方が若いんじゃないだろ

  • ブログ
  • Facebookのアイコン

© 2018 あべなおこ